カメラ機能の進化

これまでの携帯にもカメラ機能は搭載されていましたが、スマートフォンではその機能性を大きく超えたものが登場。一番の変化はその画質でしょう。まるで携帯で撮ったとは思えないほどのハイクオリティの写真が撮れるようになり、デジタルカメラを持たなくなった人もいるほどです。

変化したのは画質だけではなく、写真を加工できるようになったところも挙げられます。これまでは写真に文字を入れたり、スタンプを入れたりすることや、モノクロに加工するなどのシンプルなものはできていました。しかし現在では明るさを調整したり、色のトーンを変化させたり、写真の雰囲気も調整できるように。カメラ用のアプリを使えば、誰もが自分の写真を、カメラマン顔負けに調整・加工できるようになったのです。

現在もどんどん、カメラを使ったアプリが出現し、女性をかわいらしく見せてくれるものや、動画のように数秒だけ動くものなど、驚く仕組みのあるものがどんどん増えています。また、SNSの台頭により、ますます写真の文化が発達しているため、今後もカメラを使ったアプリや技術からは目が離せません。 スマートフォンの進化は、つねにわたしたちのプライベートやビジネスの充実をサポートしてきました。今後もより、発展していくことでしょう。